7月〜またの名を「愛逢月(めであいづき)」2014

天の川

短冊に歌や文字を書く「七夕」の行事にちなみ、7月には「文月(ふみつき)」という呼び名があります。そしてもうひとつ七夕にちなんだ異名が「愛逢月(めであいづき)」です。

織り姫と彦星が一年に一度会うのだという日。ふだん逢えないふたりが、せめて日の長いこの月に「一分でも一秒でも一緒にいられますように」。そんなねがいを、先人たちは短冊にこめたのかもしれません。

雨で川を渡れないとき、鵲(かささぎ)にのって逢いにでかけます。きめ細やかな宝石が空から降ってくるかのように、満天の星でうめつくされる「天の川」を超えて。

昼過ぎにはやみましたね。楽しい一夜になりますように。

photo by Pinterest

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中